アメックスカードをゴールドに切り替えたときにグリーンの家族カードが届いた理由

アメックスからのインビテーション
スポンサーリンク

アメックスからインビテーションをもらい,グリーンからゴールドへ切り替えたハンスケ。

 

その時,家族カードも1枚無料で作れるっていうので,妻用にと思ってゴールドの家族カードをお願いしたつもりだったのですが・・・

 

なぜかグリーンカードが届いてしまいました。

 

なぜこんなことが起きたのか分からなかったハンスケは,早速アメックスの問い合わせ窓口に電話して尋ねてみることに。

 

スポンサーリンク


 

ゴールドカードの家族カードなのにグリーンカードが届いた理由

ハンスケがアメックスに電話して問い合わせてみた内容をまとめてみます。

 

ハンスケ「さきほどゴールドカードを無事に受け取りました!本当にありがとうございます。ちょうど京都へ旅行に行く予定だったので助かりました」

 

オペレーター「それはよかったです。ぜひご旅行でお役立てください」

 

ハンスケ「それと,妻の家族カードについて教えていただきたいことがあるのですが・・・実は,ゴールドカードを申し込んだつもりだったのですが,グリーンカードが届いたんです」

 

オペレーター「さようでございましたか。こちらの記録では・・・グリーンカードをご希望ということで承っていますね」

 

ハンスケ「あら?そうなんですか?!」

 

 

ここでハンスケは,オペレーターさんに,インビテーションに同封されていた申し込み用紙のことを話しました。オペレーターさんの手元には申し込み用紙がなかったため,説明して伝わるまで時間がかかったのですが,どうやらハンスケが書類の意図をくみ取り切れなかったことが原因のようです。

 

これがその申し込み用紙です

 

↓↓

 

 

 

申し込み用紙にはこんなふうに書かれていました。

 

■すでに家族カードをお持ちのお客様へ

基本カード会員様がゴールド・カードへお切り替えいただきますと,家族カードもゴールド・カードにて発行させていただきます。アメリカン・エキスプレス・カードの発行をご希望される場合は,下欄に必要事項をご記入ください。

 

(このあと,手持ちのカード番号を記入する欄が二人分あった)

 

 

これを見て,ハンスケはこう考えたんです。

 

「妻が今使っている家族カード番号を,書類のどこかに必ず書かなければいけないはずだ。この欄以外には記入できるところがないから,きっとここに書き込まないといけないんだろう。グリーンカードが欲しい人は,グリーンカードの絵をまるで囲むとかして意思表示するんだろうな。よし,ここに書こう!」

 

 

でも,実際は違っていたようです。

 

ここの欄に記入すること自体が「グリーンカードの申し込み」に当たり,家族カードもゴールドカードを発行してほしいなら,何も書かなくてよかったようですね(苦笑)。

 

 

もし,申し込み用紙の説明文がこんなふうだったとしたら,日本語力に不安のあるハンスケでも理解できたはずですがw

 

(ハンスケ希望の説明文:ここから)

 

■すでに家族カードをお持ちのお客様へ

基本カード会員様がゴールド・カードへお切り替えいただきますと,家族カードもゴールド・カードにて発行させていただきますので本紙へのご記入は不要です。ゴールドカードアメリカン・エキスプレス・カードの発行をご希望される場合は,下欄に必要事項をご記入ください。

 

(ハンスケ希望の説明文:ここまで)

 

 

・・・というわけで,オペレーターさんに洗いざらい事情を話したら「対応を検討いたします」とのことでいったん電話を切りました。

アメックスの対応

1時間ほどしてから,再び同じオペレーターさんから電話をいただきました。

 

オペレーター「ハンスケ様,奥様用の家族カードについてですが,こちらから改めてゴールドカードをお造りしてお届けいたします」

 

ハンスケ「おお,そうですか!それはありがたいです。明日から出かける京都旅行ではなくても大丈夫ですけど,やっぱり妻にもゴールドを持たせてあげたいので」

 

オペレーター「承知いたしました。お届けまでに1週間から10日ほどかかりますが,その点はご了承いただけますか?」

 

ハンスケ「はい,大丈夫ですよ。急いでませんので」

 

オペレーター「かしこまりました。ではハンスケ様,お届け方法なのですが,ポスト投函の郵便と,受け取りサインが必須なクロネコヤマトのセキュリティパッケージをお選びいただけます。どちらになさいますか?」

 

ハンスケ「うーん。そうですね・・・。大抵はだれかしら家にいるので,確実に受け取れるセキュリティパッケージでお願いできますか?」

 

オペレーター「承知いたしました。それではご要望のとおりご手配いたします。ご旅行もどうぞ楽しんでいってらっしゃいませ」

 

 

・・・と,こんな感じで無事にゴールドカードを再手配(?)してもらえました。このやりとりから9日が経って,無事にクロネコヤマトのセキュリティパッケージで,妻のゴールドカードが届きました

 

↓↓

 

 

 

いやー,まさかこんなことになるなんて思ってもいなかったわ(笑)。

 

 

しかも,妻用に届いたグリーンカードの台紙には「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードをお届けいたします」と書いてあったので,余計に混乱してしまったんですよね。

 

これは恐らく,台紙を共通化していることが原因だと思いますが,インビテーションの申し込み用紙,同じような間違いした人っていないのかなぁ・・・。

 

 

誰が読んでもハッキリ理解できるような文面にちょっと変えてもらえるだけでも,ハンスケとしてはかなりうれしいんですよねぇ。今度,問い合わせ窓口に電話して相談してみようと思ってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました