アメックスカードと年収

アメックスカードと年収
stevepb / Pixabay
スポンサーリンク

アメックスカードと年収の関係を気にされる方がいらっしゃいます。

 

確かに,アメックスのクレジットカードというと,世界的な大ブランドのカードなので,相応の年収がないとカードを持つなんて無理・・・と思う気持ちはよく分かります。

 

でも,ハンスケの経験からすると,必ずしも年収だけでアメックスカードの持てる・持てないが決まるわけではなさそうです。

 

なお,今日の記事に限らず,このブログはハンスケの個人的な経験に基づく見解(と独断)が多分に含まれております。

 

アメックスカードの一介のユーザーの戯言と思ってお読みください(笑)。

 

スポンサーリンク


 

 

アメックスのクレジットカードは高収入の人でないと持てないのか?

アメックスのクレジットカードを作るには,グリーンなら〇〇百万円,ゴールドなら○○万円・・・などというネット上の口コミやら何やらを読んだことがあります。

 

でも,ハンスケとしては「年収が〇〇万円より低い人はアメックスカードが持てない」という命題は成り立たないと考えています(数学っぽくなりましたけど・笑)。

 

だって,私自身グリーンカードを作ったときは,雇用形態は正社員ではなく個人事業主で,年収は300万に届いてませんでしたからね。

 

 

グリーンカードを作れたら,あとはとにかくこまめに使うこと。こうすることで,良好なクレジットヒストリーを作り上げることができます。

 

 

私も,グリーンカードを作って以来,生活のあらゆる決済をできるだけアメックスに集約するようにしました。

 

光熱費,通信費,仕事で使ってるネットショップのサーバー代やドメイン代,さらにはファミリーマートで売ってるフライドポテトまで(笑)。

 

 

私は陸マイラーなので「いかにしてANAマイルを安定して貯めつつ保持できるか」に焦点を当てています。

 

グリーンカードを作る前はANA VISAカードをメインに使っていましたが,今では実質的にマイルを無期限で貯められるアメックスカードをメインで使ってます。

 

(マイルを2倍とか4倍とかゲットできるネットショッピングをするときはANA VISAカードを使いますけどね)

 

 

そうこうしていたら,あっという間にゴールドへのインビテーションが届いてしまった・・・というのが,アメックスカードユーザーにとっては理想的なんじゃないでしょうか。

 

(グリーンカードで十分という場合は,インビテーションを使う必要はありませんよ)

 

 

こういう実例がある(というか体験している)からこそ,ネット上でまことしやかに流れている「〇〇万円より年収が低いから」と言って,アメックスをあきらめる必要はないと思うわけです。

 

ちなみに〇〇万円っていくらですか?って聞かれそうな気もしますが・・・私は知りません(笑)。

年収よりも気にすべきこと

年収を気にすることも大事ですが,クレジットカード会社側から見て「いかに優良な顧客になってもらえそうか」という点をアピールすることもすごく効果的かと思います。

 

 

では,どうやってアピールするか?

 

 

これはもう「素行」以外の何物でもありません。クレジットカードをどれだけ使い,きちんと債務を返却しているかが問われるわけです。

 

クレジットカードは「支払いを肩代わりしてもらう」システム。大昔の日本社会にあった「ツケ」みたいなものかもしれませんね。

 

「大将,今度まとめて払うからつけといてくれや!」みたいな(笑)。

 

毎月の締日と支払日ごとにキッチリ請求され,返済されていれば「この人のためならお金を立て替えてあげて大丈夫」という信用を築くことになりますよね。

アメックス側から見て「優良顧客」になる努力を忘れない!

さらに,生活の中のあらゆるものをアメックスで決済するようになったら,年収が低くてもグリーンカードからゴールドカードへのインビテーションが送られてくる率が上がります。

 

 

だって,クレジットカード会社は「年会費」と「決済手数料」で儲かっているんですよ。

 

 

となると,ファミマでフライドポテトを買うときの決済も(少額ながら)アメックスの売り上げに貢献しているはずですし,アメックスとしては「信用が置けつつ高い年会費を払ってくれる人」を集めたいはずですよね。

 

 

というわけで,年収が低くても,良好なクレジットヒストリーを持っていれば,アメックスカードを持てる可能性は十分にあります。

 

アメックスカードホルダーを目指すなら,優良顧客になるための地味で細々とした努力の積み重ねが大事だ・・・と覚えておいてくださればうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました